Monthly Archives: 9月 2014

エチニルエストラジオールの効果が弱まる薬

生理による月経痛を緩和させる効果のある薬に配合されている成分に、エチニルエストラジオールがあります。
月経困難症に使用される薬には、黄体ホルモン薬のノルエチステロンと卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールという、2種類の合成女性ホルモンが配合されています。
卵胞ホルモンの働きにより卵胞の発育が抑制されて排卵をおさえ、また子宮内膜の増殖も抑えるために生理が軽くなります。
エチニルエストラジオールの働きは、子宮の不正出血の軽減に有効とされています。
この月経困難症治療のために使用される薬は、いわゆる低容量ピルと呼ばれている部類に入ります。
ですから、妊娠を希望していない女性に適用可能です。
妊娠の可能性がある場合には医師に伝える必要があります。
強力な効果はありませんが、副作用が少ないので長く続けることができます。

低容量ピルは有効成分を必要最小量ぎりぎりまで少なくしてありますので、他の薬を服用する際には、その飲み合わせに注意する必要があります。
各種血糖降下薬、子宮内膜症治療薬のブセレリン(スプレキュア)、抗てんかん薬ラモトリギン(ラミクタール)、解熱鎮痛薬のモルヒネ(MSコンチン)などは、一緒に服用すると、その効果が弱まる薬とされています。