Monthly Archives: 8月 2014

月経困難症、子宮内膜症にもエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールとは、低用量ピルの一種です。
有効成分として卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった、女性ホルモンが配合されています。
この薬は脳下垂という部分に作用する事で、排卵が起こらないようにする効果があります。

そのため避妊作用や、月経困難症・子宮内膜症等の改善に効果があるとされています。
具体的には、月経周期の乱れの改善や、生理痛等の症状の緩和等があります。

エチニルエストラジオールの具体的な使用方法は、1日1錠を決まった時間に毎日服用するのが一般的です。
これを21日間続けて、その後の7日間は薬の服用を休止します。
これを1つの周期として、この周期を繰り返し行います。
万が一、2日間連続で服用を忘れた場合には、いったん服用を中止します。
そして次の月経が来た時に、改めて服用を開始します。

避妊のみならず、月経困難症等への効果も期待出来るエチニルエストラジオールですが、いくつかの副作用が起きる場合もあります。
代表的なものとして、便秘や頭痛、イライラ等があります。
そして、中でも注意しなければいけないのが、血管が詰まってしまう血栓症です。
むくみや激しい頭痛、動悸等の症状が現われた際には、すぐに服用を中止して医師に相談する事が大切です。

エチニルエストラジオールは避妊薬以外の用途がある

エチニルエストラジオールは、女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれています。
経口避妊薬に配合されており、摂取することによって体に「妊娠している」と勘違いさせて妊娠を成立しない役割を持っています。
経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が配合されています。
この二つのホルモンが、排卵の抑制、精子の子宮頚管への侵入の阻止、受精卵の着床抑制という効果を発揮することによって、妊娠の成立を防いでいます。
現在市販されている経口避妊薬のほとんどは低用量ピルと呼ばれ、これらの女性ホルモンの配合量は効果が出るぎりぎりの量に抑えられています。
こうすることによって、体内のホルモンバランスを乱すことを抑え、副作用が起こりにくくしているのです。
また、これらの女性ホルモンを体内に補充することは、女性特有の病気を予防する効果があります。
子宮頸がんや卵巣がんなどはホルモンを補充すると、子宮が休止状態になるのでその発生を防ぐことが報告されています。
また、女性ホルモン量低下が原因とされる更年期障害や骨粗しょう症にも、ホルモン補充は効果があります。
このようにエチニルエストラジオールは避妊薬以外の用途があることが明らかになってきました。