ドロスピレノン・エチニルエストラジオール購入は保険適用

ドロスピレノン・エチニルエストラジオールは月経困難症(生理痛)を軽減させる薬です。
月経困難症とは、いわゆる生理痛と言われている下腹部痛や腰痛だけではなく、頭痛や吐き気、いらいら、憂うつ感などさまざまな症状を含めたものです。
原因は様々で、子宮内膜症や子宮腺筋症など器質的疾患にともなう器質性月経困難症と、そういった原因が特にない機能性月経困難症があります。
ドロスピレノン・エチニルエストラジオールは、いわゆる低用量ピルの仲間になるのですが、日本では経口避妊薬ではなく月経困難症の治療薬として処方される薬なので、避妊だけの目的だけでは購入が出来ません。
しかし、海外では避妊薬やニキビ薬として処方されているもので、もちろん日本で購入したものでも中身は同じなのでそれらの効果はあります。
ドロスピレノン・エチニルエストラジオールは、ただの低用量ピルではなく超低用量ピルとも言われているのですが、卵胞ホルモンの量が今までの低用量ピルの3分の2と日本では最低用量になっています。
健康保険適用で購入することが可能ですが、健康保険適用となる場合には多少の条件があります。
避妊だけの目的では処方できませんが、ニキビの薬としても購入することは出来ません。
あくまでも、月経困難症であるということが重要で、下腹部痛や腰痛、頭痛などの生理痛や下痢・吐き気・嘔吐・腹部の張りなどの症状、イライラや憂うつなどの症状で「日常生活に支障がある」ということが必要になってきます。
月経困難症と診断されれば保険適用でドロスピレノン・エチニルエストラジオールの購入が可能になります。
この薬は飲み方なども非常に重要なので、医師や薬剤師の指示をしっかりと守ることが重要です。