エチニルエストラジオールと低用量ピル・排卵後の体

エチニルエストラジオールは、年齢とともに減少する女性ホルモンのバランスを整える薬です。女性も男性も40代あたりから徐々に女性ホルモン、男性ホルモンの分泌量が少なくなり、更年期に入ります。
男性の場合にはそれほどでもありませんが、女性は明らかに女性ホルモンの減退による更年期障害があらわれます。エチニルエストラジオールは女性の卵胞ホルモンの一種エストロゲンのことを意味しています。エストロゲンは男性ホルモンアンドロゲンの働きを抑える働きがあるので、ホルモンバランスを整えて更年期障害などを改善していくことが出来ます。
エチニルエストラジオール以外で更年期の症状を抑えてくれるのは、低用量ピル(OC)です。低用量ピルを服用するとホルモンバランスが安定して、ホルモンの分泌量が少なくなったことで起こる体調不良や不定愁訴を緩和してくれます。更年期以外にも、生理前の周期の改善、PMS(生理前症候群)の緩和、生理痛を軽くする、生理の出血量を少なくする、爪が丈夫になる、髪にハリとコシが出る、などの効果があります。
ピルというと、体重の増加、吐き気、めまい、などの副作用があるということで不安に思うかもしれませんが、それは中用量と高用量の話で、低用量ピルではそういった副作用はほとんど起こりません。
ピルは、薬によって人工的に排卵後の状態を作りだすものです。排卵後に放出されるのは黄体ホルモンというもので、黄体ホルモンが分泌されると性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されなくなるので、避妊することが出来ます。
排卵後の体は排卵前の体とは全く異なる性質になっています。女性はホルモンバランスが変わりやすく体調の変化も激しいと言われるのは、生理が理由になっているのです。