エチニルエストラジオールの作用について

エチニルエストラジオールとは、避妊に用いるお薬です。
製品例はトリキュラー錠などです。
作用についてですが、これはいわゆるピルで、少量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されています。
おもな避妊作用は、排卵を抑え受精の機会をなくします。
その他にも、子宮内膜などに対する作用があります。
避妊効果以外にもプラス効果である副作用があります。
生理痛や生理不順の解消、長期的には卵巣がんの予防効果も期待できます。
特徴としては、用量が3段階の3相性で、自然なホルモン分泌パターンに近いです。
3相性にすることで、ホルモン総量が少なくなっています。
注意点としては、血栓症など持病やアレルギーがある人は、診断時に医師に伝えます。
別の薬を飲んでいる場合も同様です。
卵巣ホルモンによって悪化する子宮がんや乳がんがある場合は、服用を避けます。
乳がんの既往歴や家族歴がある人は、使用にあたり乳がんの検査を行うなど細心の注意が必要です。
ピルには血栓を作りやすくする性質があります。
そのため、血栓症の病気がある人、または血栓症を起こすリスクの高い人は飲めないことになっています。
また、35歳以上で一日タバコを15本以上吸っている人も使用できません。
低用量ピルは、有効成分をぎりぎりまで少なくし、必要最小量で避妊効果を発揮しています。
このため、飲みあわせによる作用の減弱にとくに気を付けなければいけません。
風邪や歯科治療を含め医療機関にかかる時は、ピルを使用していることを必ず伝えます。
確実な避妊効果が得られるのは服用を始めて1週間後からです。
最初の一週間はコンドームなど他の避妊法も併用します。
決められた順で、毎日一定の時刻に服用します。

↓もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
低用量ピルとアフターピルの違いについて
↓ネットでも購入できます
薬は通販すると便利です
↓エチニルエストラジオールを含む薬はこちらで購入できます。
エチニルエストラジオールで乳がん治療